映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by eigasai2008

被爆者の声をうけつぐ映画祭2015プログラム2トーク資料

好評のうちに終わった今年の「被爆者の声をうけつぐ映画祭2015」。

当映画祭は第1回から下記のような劇映画やドキュメンタリーを中心に上映して、今年9年目でした。7月18日プログラム2は「ヒロシマが消えた日~人類最大のあやまち・原爆~」と「引き裂かれた長崎~人類最大のあやまち・原爆~」のドキュメンタリーを上映しました。その後に石子順さんのトークがありました。 この時配布した資料をご案内します(下記表の年は、映画制作の年です)。当日は配布資料が不足してしまい、失礼しました。

石子順氏略歴
1935年 京都市生まれ
1953年 中国・長春より帰国
1961年 映画記者クラブ勤務
1962年 映画評執筆、中国映画字幕翻訳

元和光大学表現学部教授
主著 「戦後映画の主人公たち」「映画366日館」
   「中国映画の散歩」「中国映画の明星」
   「試写会への招待状」など
全国映画センター連絡会議顧問

f0160671_13414610.jpg

                                    (T.N.)


[PR]
by eigasai2008 | 2015-07-31 14:38 | 映画祭2015について