原爆被爆を描いた映画を特集した映画祭の紹介.


by eigasai2008

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

“ヒロシマ・ナガサキダウンロード”
(長編ドキュメンタリー映画75分)

※サンパウロの被爆者平和協会の方からお教えいただいた、新作のドキュメントの紹介です。
 予告編をネットで見ることができます。
 
<趣旨>
 終戦後、かつての「敵国」アメリカに移住した被爆者たちがいた。原爆の記憶に苦しみ、後遺症への恐怖に怯えながらも、アメリカの大地で半生を過ごしてきた人々。あの日の出来事を、誰にも語ることなく時は過ぎようとしていた。
 2009年、春。「自分」を模索し続ける青年2人が、 日本人の記憶の奥底に刻まれているヒロシマ、ナガサキを辿る旅に出た。 原爆を体験していない世代が、頭だけではなく心で感じることは、可能なのか。残された世代は、被爆者から何を受け継ぎ、伝承していくべきなのか。アメリカ西海岸を南下しながら在米被爆者と共に笑い、共に泣いた彼等が、最終的に到達した答えとは。
 過去5年間、南北米大陸へ渡った被爆者を収録し続けているメキシコ在住の竹田信平監督初の長編ドキュメンタリー映画。広大なアメリカ西海岸を背景に、在米被爆者の魂に迫るロードムービー。

監督:竹田信平
プロデューサー:若松英治/竹田信平
製作会社:Atopus Studio


また、これとは別に、重要な映像がウェブ上で紹介されています。
「死の灰の内部被爆確認」
「米核政策の「チェンジ」へ、鍵を握るのは日本」アメリカ科学者の呼びかけ」

この他、NHK総合では、8月7日(金)の午後7時30分~8時43分まで、ドキュメント「ノーモア・ヒバクシャ」を放送します。

加えて、日本映画専門チャンネルでも、8月の戦争映画特集にて、以下の二本が放映されます(詳しくはこちらへ)。
 まず、一昨年の映画祭で上映された、鎌仲ひとみ監督の「ヒバクシャ HIBAKUSHA 世界の終わりに」。昨年の特別イベント「原爆症認定訴訟から学ぶ集い」でもお話いただいた、自らも被爆体験をお持ちの医師・肥田舜太郎さんも出演されているドキュメンタリー映画です。
 また、今年の映画祭での上映も予定されている、青木亮監督の「二重被爆」。映画祭では監督ご本人の出演を依頼中ですが、まずはこちらで「予習」してみるのもよいかもしれません。
[PR]
by eigasai2008 | 2009-08-05 18:41 | お知らせ
◎これまでの経過
☆7月7日、実行委員会の開催にもお借りしている高田馬場・シロアム教会にて上映。

☆8月1日から3日まで、東京で開催された新英語教育研究会50周年記念全国大会にて上映、DVDをチラシで宣伝。また、シアトルからのゲスト3名に映画「千羽鶴」のDVDを贈呈。

◎これからの上映会日程
・8月6日:生協パルシステム辰巳店
・ 15日:杉並光友会
・ 同日:清瀬市平和祈念事業
・11月29日:東京母親大会

☆8月6日
パルぷらす@たつみ店主催 ピースカフェ・原爆の日企画
「ヒロシマの少女サダコの 映画『千羽鶴』を観て、折鶴を折ろう」
日時:8月6日( 木)10 :00~12:00
会場:多世代交流ひろば「パルぷらす@たつみ」
(パルシステム東京たつみ店2F/ 地下鉄「辰巳駅」下車)

定員:20名(申込多数の場合、抽選。全員へ連絡)
申込方法:電話で申込み
申込締切:8月5日( 水)12 :00
主催・問合せ・申込先:パルぷらす@たつみ TEL:03-3522-0144

☆8月15日(土)
杉並産業商工会館3階講堂(13:30~)

主催:杉並光友会(杉並原爆被害者の会)
問合せ先:℡/Fax 03-3390-8556

清瀬市アミュー6階講座室1(13:30~)
主催:清瀬市平和祈念展等実行委員会
問合せ先:℡042-492-5111内線292.
[PR]
by eigasai2008 | 2009-08-05 18:20 | 「千羽鶴」の上映と普及
 7月13日に、映画「千羽鶴」のDVDが完成しました。

 『映画「千羽鶴」の再上映と海外普及をすすめる会では、DVDの販売価格と普及方針を次のように決めました。
 
★価格
 個人、団体用 4,200円 
 官公庁、学校、図書館などのライブラリー価格 10,500円


★普及目標と還元金について
 ◎販売普及をしてくださる個人、団体には7掛けで提供し、売り上げの3割を普及経費として活用していただくこと。
 ◎普及目標は、初年度で3000枚。 
  すでに、岡山県の中国共同映画社が、岡山と広島で普及するために100枚を引き取りました。

★海外普及については
 ◎ニューヨーク反核映画祭への働きかけ。
 ◎〃 セントルークス校への有原からのプレゼント。
 ◎ブラジルサンパウロ被爆者の教会への働きかけ。
 ◎20010年、5月NPT国際会議時期に、ニューヨークでの上映の可能性の追求。
 ◎当面、世界大会参加のアメリカ代表2名への寄贈、英文メッセージを添えて贈る。

★今後の宣伝、取り組みについて
 ◎DVDの存在を知らない方々が多いので、さまざまなメディアで取り上げてもらえるように、力を入れる。
 ◎DVDの宣伝チラシ10000枚を作成すること。
 ◎8月の原水禁世界大会長崎で「映像と学習のひろば」で上映し、チラシ1000枚、DVD50枚を持参して活用を訴えること。
 ◎8月6日、9日 広島長崎の灯をともす集いで宣伝すること。

☆DVDのご注文は、下記の共同映画社まで。
普及と宣伝方法のアイディアなども受け付けております。


◎お問合せ先 
共同映画株式会社 ℡03(3463)8245 fax 03(3476)3757
〒150-0031東京都渋谷区桜丘町9番17号親和ビル305号

[PR]
by eigasai2008 | 2009-08-05 18:11 | 「千羽鶴」の上映と普及