原爆被爆を描いた映画を特集した映画祭の紹介.


by eigasai2008

7月19日(日)第6プログラム、シンポジウムより。
f0160671_12540546.jpg

被爆者の声をうけつぐ映画祭2015のシンポジウムは、証言映像の「原爆は、人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった」を見た後に、「被爆者の声をどのように継承するか」 をテーマに、(写真左より)コーディネーターの永田浩三さま(武蔵大学教授)、斉藤とも子さま(女優)、吉田みちおさま(被爆2世)、有原誠治さま(監督、映画祭実行委員代表)が、お話をされました。(写真ご提供 平沢清一様、実行委員呑田務 記)





[PR]
# by eigasai2008 | 2015-07-23 13:05 | 映画祭2015について
f0160671_12534578.jpg

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2015」を、550名の参加で好評のうちに終えることができまし
た。 映画祭へのご協力、ご参加、ありがとうございました。
 7月18~19日の両日、練馬区江古田の武蔵大学のシアター教室をお借りしての映画祭(6プログラ
ム)に、550名の方々が駆けつけて下さいました。そして、「濃く、考えさせられる二日間でした。」「実行委員会に参加します。」などのうれしい反響が寄せられています。
 
 国会においては“戦争法案”の強行採決があり、今回の映画祭ほど切実に被爆者の声(願い)で
ある“核も戦争もない世界の実現”を、真剣に語り合い、交流できた映画祭はなかったように思います。 来年は、「被爆者の声をうけつぐ映画祭」が10周年を迎えます。今年の映画祭の成功を力に、さらに充実した映画祭を準備して行きたいと思います。
 今季の映画祭の感想やご意見、ならびに来年度の映画祭へのご期待やご要望を映画祭実行委員会
(E-Mail : eigasai@gmail.com) まで、お寄せいただければうれしいです。
 
 最後に、映画祭を共催し、シンポジウムなどのコーディネーターとして支えて下さった武蔵大学
社会学部の永田浩三先生には大変お世話になりました。心からの感謝を申し上げます。

2015年7月22日
 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会代表 有原誠治
                         映画祭ブログ http://hikakueiga.exblog.jp/
                         (上の写真ご提供、平沢清一様)


[PR]
# by eigasai2008 | 2015-07-22 23:32 | 映画祭2015について

朝日新聞7月6日朝刊
f0160671_04295852.jpg

[PR]
# by eigasai2008 | 2015-07-10 04:33
東京新聞7月8日朝刊です。
f0160671_04102886.jpg

[PR]
# by eigasai2008 | 2015-07-10 04:14 | 映画祭2015について
f0160671_03264300.jpg

[PR]
# by eigasai2008 | 2015-07-10 03:30 | 映画祭2015について