人気ブログランキング |

映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会

プログラム2 ~10月2日(2日目)~

『ヒロシマ・ピョンヤン』ドキュメンタリー
f0160671_18394182.jpg
 
2009 年/ 90 分/カラー
監督・撮影・ナレーション:伊藤孝司 編集:土屋トカチ、小林アツシ
製作:ヒロシマ・ピョンヤン制作委員会

 帰還事業で広島から北朝鮮に帰りピョンヤンに暮らすリ・ゲソンさん。彼女は幼い頃から病気がちだったが、2004 年、広島から訪ねて来た母親に自分が被爆者であることを初めて告げられ、自分の体を蝕む原因を知る。救済の対象にならず置き去りにされている北朝鮮に住む被爆者の姿を、丹念な取材で浮かび上がらせた力作。
by eigasai2008 | 2010-08-29 18:43 | 映画祭2010について