映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭

被爆者の声をうけつぐ映画祭2018・上映作品のご紹介


『広島 長崎における原子爆弾の影響』はプログラム①
7月14日10:00~開会の挨拶に続いて上映されます。
f0160671_17030012.jpg

『チャルカ~未来を紡ぐ糸車』はプログラム② 14日12:45分よりの上映です。

『灯篭流しPaper lanterns』はプログラム③ 15:15分よりの上映です。

f0160671_17044714.jpg

『愛と死の記録』はプログラム④ 14日18:00~です。
吉永小百合さんが登場します。
映画に主演した吉永小百合さんと宮崎信恵さん(映画監督)の
トークが、18:00から40分頃まであります。
18:45分頃から映画『愛と死の記録』を上映します。
f0160671_17121506.jpg

『白い町ヒロシマ』はプログラム⑤ 15日10:00より上映します。

『SOS こちら地球』はプログラム⑥ 15日13:00より上映です。
f0160671_17223502.jpg

『いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国』はプログラム⑦
15日15:30より上映し、上映後下記のシンポジウムと
映画祭のエンディングイベントがあります。
プログラム⑦の料金で参加できます。

シンポジウム『被爆者の声をうけつぐために』
司会:永田 浩三さん(武蔵大学社会学部教授・本映画祭の主催者)
シンポジスト:矢間秀次郎さん(プロデユーサー)
栗原淑江さん(ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会事務局)
吉村 知華さん(昭和女子大 学生) 
※19:30終了予定です。

エンディング
19:30~20:00
歌唱:中島 清香(声楽家)
ピアノ:里見 佳恵(ピアニスト)
閉会の挨拶:映画祭実行委員会

上映日時の詳細と会場については、それぞれのページをご覧ください。


[PR]
by eigasai2008 | 2018-05-03 14:50 | 映画祭2018について