映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭

被爆者の声をうけつぐ映画祭を終えて

 2007年の6月に初めて開催された被爆者の声をうけつぐ映画祭について、映画祭の呼びかけ人で運営事務局を担当した映画監督の有原誠治氏が、その成果を2008年2月に発行された「被爆者の声をうけつぐ映画祭のすすめ」(絶版)の中で次のように語っています。

被爆者の声をうけつぐ映画祭を終えて
                                  映画祭実行委員会 有原誠治
「被爆者の声をうけつぐ映画祭 被爆者は預言者、人類の宝」は、日本の代表的な原爆被爆関連映画19作品を集め、(2007年の)6月2日から9日まで、お茶の水の明治大学を会場に開催され、8日間で1500名の鑑賞者を集めて大きな成功を納めました。

f0160671_18023574.jpg
■歓迎された映画祭
「こんなに辛く悲しい作品ばかりの映画祭が成功するだろうか?」こんな心配が実行委員会の中にもありました。ところが、新聞各社の報道もあいつぎ、多くの方々から「こんな企画を待っていた」と喜ばれました。また、大学構内での開催は、若い人たちに伝えるに「ふさわしい場所」として歓迎され、市民による実行委員会と明治大学軍縮平和研究所の共催も大きな関心を呼びました。実行委員会に参加する方々は映画祭が近づくにつれて増え、ボランティアの人々がチラシの折込みから受付や司会を進んで受けて映画祭を支えてくれました。

■「続けて欲しい」との感想文
 観客の中には、遠く滋賀県や長野県からの参加者がいました。また、毎日通って下さった方もいました。感想文には、「見逃してきた作品とやっと出会えた」との声や「今後も続けて欲しい」との声が多数寄せられました。「就職活動に行き詰まり、死んでしまおうかと思い悩んでいたが、映画を見て、辛くとも生きてゆかねばと思うようになりました。ありがとうございます」との大学生の感想には胸を衝かれました。彼のためにも、この映画祭をやってよかったと思いました。

■日本が誇る映像文化
 映画祭の中で、大切なことがいくつも明らかになりました。その一つは、日本で制作された原爆被爆関連作品が、劇映画、記録映画、アニメーション作品あわせて157本以上もあることを調査によって明らかにし、作品リストを作成したこと。二つめは、原爆被爆反核平和の映画を制作し続ける国はおそらく世界で唯一で、被爆者運動と同じく世界に誇るべき平和の文化であること。三つめは、60年前に作られた作品でも、被爆の実態と被爆者の思いを今に伝える力をもっていること。四つ目は、故にこの作品群に英字幕をつけ、あるいは英語版に吹き替えて海外に紹介すれば、国際的な反核平和の運動に大きく貢献できる文化遺産であることなどです。

■文化遺産の危機的状況
 一方で、この文化資産の危機的状況も明らかになりました。一つは、原爆被爆関連作品に対する大手映画会社の消極的姿勢が、活用の障害となっていることです。今井正監督の『純愛物語』(東映)は、フイルムの原版はあっても上映できるプリントはありませんでした。黒澤明監督の『生きものの記録』(東宝)は、「黒澤監督特集でない」との理由で貸し出しを断られました。とても残念なことです。中小独立系プロダクションの作品のなかには、プロダクションの倒産や解散、あるいは製作者や著作権者の死亡などでフイルムの原版がない。制作著作者が誰で、どこにいるか判然としない。フイルムの脱色や傷みがひどく進んでいること。映写機のデジタル化が進み、16ミリ映写機の使用が困難になって、フイルムはあるが上映できない事態が進んでいること。今の事態を放置すると、あと10年ほどでまったく活用できない作品や、消えてしまう作品も出かねません。つまり、これらの文化遺産一つひとつの所在や権利状況を調査し、だれでも使用しやすい状態で保管(アーカイブ)し、次世代に引き継いで行く課題への対応が急がれることが明らかになりました。映画祭の開催は、こうした諸課題を明らかにした点でも大変大きな意義がありました。
 継続開催については、映画祭実行委員会や軍縮平和研究所のみなさんと相談したいと思います。映画祭へのご協力、ありがとうございました。(2007年6月30日 有原誠治)

[PR]
by eigasai2008 | 2018-04-30 18:24 | 映画祭の始まり