人気ブログランキング |

映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020を
  10月11日(日)に開催します。
新型コロナ感染の広がりの中で、7月の開催は見送られました。
しかし、感染対策をしっかりと採れば開催可能なことが判り、映画祭実行委員会は、共催者である武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミと相談し、感染症対策をしっかり取りながら10月11日(日)に開催することにしました。

14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020

第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020_f0160671_20213533.jpg
第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020_f0160671_20213972.jpg

料金:大人1,000円 学生・子ども500
完全予約制 必ず、プログラム毎にご予約をお願いします。
映画祭の前日までにご予約をお願いいたします。
当日券はありません。
予約した方でないと、入場できません。


予約申し込み先 Email:eigasai@gmail.com

▶予約された方は、料金のお振込みをお願いいたします。 

振込先 みずほ銀行練馬富士見台支店

(普通)1232039 口座名 被爆者の声をうけつぐ映画祭

※事情によりお振込みが出来なかった方は、映画祭当日に受付でお支払いください。


映画祭の後援:日本原水爆被害者団体協議会

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会 練馬・文化の会

主催:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会 武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ

問合せ先:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会

107-0062 東京都港区南青山4丁目1821号 南青山スカイハイツ504号 共同映画社内

TEL:03-6434-9346(共同映画)・ 090-9855-1135(アリハラ)

フェイスブック https://www.facebook.com/hibakueiga/


# by eigasai2008 | 2020-09-16 20:53 | 映画祭2020について
第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020
2020年10月11日(日)
会場 武蔵大学江古田キャンパス

武蔵大学江古田キャンパス8号館8階 武蔵大学50周年記念ホール
会場の詳細は、武蔵大学のホームページで
(西武池袋線 江古田駅から徒歩6分、地下鉄大江戸線 新江古田駅から徒歩7分、
有楽町線 新桜台駅から徒歩5分、有楽町線・西武池袋線 桜台駅から徒歩9分)
会場へのアクセスについて_f0160671_18504642.jpg

# by eigasai2008 | 2020-09-16 20:40 | 会場へのアクセス

2020年10月11日(日)の
プログラム①午後の部とプログラム②夜の部
ともに完全予約制です。

プログラム毎にご予約をお願いします。

当日券はありません。

事前に予約されていない方は、入場できません。


予約のお申し込みは
E-Mail: eigasai★gmail.com
*上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。
予約に際しては、ご希望のプログラム、お名前、ご住所、連絡先(☎)を必ずお知らせください。
同行者の方のお名前やご住所もお知らせ下さい。


# by eigasai2008 | 2020-09-16 20:00 | チケットの購入方法
被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会の報告
2019年12月22日13時~16:30
渋谷区にある共同映画での映画祭実行委員会には、6名が参加しました。

ドキュメンタリー映画『シスターと神父と爆弾』(106分)を試写して、
 鑑賞後に映画祭プログラムの構想と次回実行委員会について話し合いました。

★『シスターと神父と爆弾』 は、米国で核兵器廃絶のために行動する80歳を超えるシスターと神父たちが、2012年7月に核兵器用ウラン貯蔵庫に忍び込んで逮捕されるも核兵器管理のずさんさを暴露して米国中を震撼させたという事件の詳細を描いた作品でした。米国におけるユニークな平和活動と宗教(カソリック)、議会、裁判などを知る上でもとても貴重な作品でした。

作品データ
 タイトル : The Nuns, The Priests, and The Bombs シスターと神父と爆弾 
 脚本・制作・監督: ヘレン・ヤング 製作 ロジャー・シュルツ 編集:ロジャー・シュルツ,  シルビア・ワリガ,
 日本語字幕:スティーブン・リーパー(Peace Culture Village)澤田美和子(Peace Culture Villagei-pa)
 製作:米国 2019年 106分

★2020年7月開催予定の映画祭については、次の作品などが候補作品になっています。

劇映画『ひろしま』 『千羽鶴』

アニメーション『つるにのって』 

ドキュメンタリー『日本と再生』  『シスターと神父と爆弾

今後の試写候補作品としては、次の作品があります。

劇映画『夏少女』、『世界大戦争』、ドキュメンタリー 『美しいひと』など。


2019年最後の実行委員会は、以上について話し合った後に、希望者で場所を移して‟望年会”をしました。


★次回実行委員会は、1月18日(土)15時より共同映画社

  実行委員会にはどなたでも参加できます。

 ご希望の方は、事前に eigasai@gmail.com  までお申込み下さい。



# by eigasai2008 | 2019-12-25 10:25 | 映画祭2020について
2007年にスタートした映画祭は、今年で13回目となりました。
開催は 7月13日(土)と14日(日)
会場は 武蔵大学江古田キャンパスです
映画祭の案内、プログラムの紹介、作品紹介を
未開きのフライヤー(B5サイズ/チラシ)にまとめました。
宣伝にご利用いただければ幸いです。
ご希望の方は、枚数とお届け先を教えて下さい。
連絡先は、電話:03-5466-2311
メールは、eigasai@gmail.com
前売りチケットのお申込みも出来ます。
被爆者の声をうけつぐ映画祭2019を開催します_f0160671_18495807.jpg
被爆者の声をうけつぐ映画祭2019を開催します_f0160671_18495908.jpg
被爆者の声をうけつぐ映画祭2019を開催します_f0160671_18500010.jpg



# by eigasai2008 | 2019-05-30 10:17 | 映画祭2019について