映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

◎これまでの経過
☆7月7日、実行委員会の開催にもお借りしている高田馬場・シロアム教会にて上映。

☆8月1日から3日まで、東京で開催された新英語教育研究会50周年記念全国大会にて上映、DVDをチラシで宣伝。また、シアトルからのゲスト3名に映画「千羽鶴」のDVDを贈呈。

◎これからの上映会日程
・8月6日:生協パルシステム辰巳店
・ 15日:杉並光友会
・ 同日:清瀬市平和祈念事業
・11月29日:東京母親大会

☆8月6日
パルぷらす@たつみ店主催 ピースカフェ・原爆の日企画
「ヒロシマの少女サダコの 映画『千羽鶴』を観て、折鶴を折ろう」
日時:8月6日( 木)10 :00~12:00
会場:多世代交流ひろば「パルぷらす@たつみ」
(パルシステム東京たつみ店2F/ 地下鉄「辰巳駅」下車)

定員:20名(申込多数の場合、抽選。全員へ連絡)
申込方法:電話で申込み
申込締切:8月5日( 水)12 :00
主催・問合せ・申込先:パルぷらす@たつみ TEL:03-3522-0144

☆8月15日(土)
杉並産業商工会館3階講堂(13:30~)

主催:杉並光友会(杉並原爆被害者の会)
問合せ先:℡/Fax 03-3390-8556

清瀬市アミュー6階講座室1(13:30~)
主催:清瀬市平和祈念展等実行委員会
問合せ先:℡042-492-5111内線292.
[PR]
by eigasai2008 | 2009-08-05 18:20 | 「千羽鶴」の上映と普及
 7月13日に、映画「千羽鶴」のDVDが完成しました。

 『映画「千羽鶴」の再上映と海外普及をすすめる会では、DVDの販売価格と普及方針を次のように決めました。
 
★価格
 個人、団体用 4,200円 
 官公庁、学校、図書館などのライブラリー価格 10,500円


★普及目標と還元金について
 ◎販売普及をしてくださる個人、団体には7掛けで提供し、売り上げの3割を普及経費として活用していただくこと。
 ◎普及目標は、初年度で3000枚。 
  すでに、岡山県の中国共同映画社が、岡山と広島で普及するために100枚を引き取りました。

★海外普及については
 ◎ニューヨーク反核映画祭への働きかけ。
 ◎〃 セントルークス校への有原からのプレゼント。
 ◎ブラジルサンパウロ被爆者の教会への働きかけ。
 ◎20010年、5月NPT国際会議時期に、ニューヨークでの上映の可能性の追求。
 ◎当面、世界大会参加のアメリカ代表2名への寄贈、英文メッセージを添えて贈る。

★今後の宣伝、取り組みについて
 ◎DVDの存在を知らない方々が多いので、さまざまなメディアで取り上げてもらえるように、力を入れる。
 ◎DVDの宣伝チラシ10000枚を作成すること。
 ◎8月の原水禁世界大会長崎で「映像と学習のひろば」で上映し、チラシ1000枚、DVD50枚を持参して活用を訴えること。
 ◎8月6日、9日 広島長崎の灯をともす集いで宣伝すること。

☆DVDのご注文は、下記の共同映画社まで。
普及と宣伝方法のアイディアなども受け付けております。


◎お問合せ先 
共同映画株式会社 ℡03(3463)8245 fax 03(3476)3757
〒150-0031東京都渋谷区桜丘町9番17号親和ビル305号

[PR]
by eigasai2008 | 2009-08-05 18:11 | 「千羽鶴」の上映と普及