人気ブログランキング | 話題のタグを見る

映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会


15回 被爆者の声をうけつぐ映画祭2021

映画は、ヒロシマ・ナガサキをどのように伝えて来ただろうか?

会場:武蔵大学江古田キャンパス(〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1丁目261)

18日:1号館1001シアター教室

19日:8号館8503教室

20日:1号館1001シアター教室。

主催:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会/武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ。

後援:日本原水爆被害者団体協議会/ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会/練馬・文化の会。

連絡先:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会:℡03-6434-9346 fax03-6434-7040

107-0062 東京都港区青山4-18-21 南青山スカイハイツ504共同映画社内


 ●ご入場は、各回 20 分前からを予定しております。

●各回 200 名まで、入れ替え制とさせていただきます。

●コロナ感染対策にご協力ください。

 ご入場の際はマスクの着用、検温、手の消毒などにご協力をお願いいたします。


★映画祭への参加お申し込みは、メールやファクスが便利です。

 Email:eigasai@gmail.com  Fax:03-6434-7040

 ★チケットは、各プログラムごとに必要です。
  前売り料金は1000円。当日料金は1500円。
  学生・子どもは500円。当日800円です。


918( ) 1号館1002シアター教室

プログラム①10:0012:30

主催者あいさつ(5分)

第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510897.jpg

『核兵器は禁止された 2021.1.22Hiroshimaドキュメンタリー/2 /カラー/日本/2021

撮影・編集:田中トシノリ 助手 : 竹本 泰広 企画 : 安彦恵里香 林田 光弘 制作: 歌島舎

プロデュース: ANT-Hiroshima

歓喜し、原爆犠牲者に思いを馳せ、核兵器廃絶への決意を新たにした「核兵器禁止条約発効の日」

の広島の様子を、被爆者・アクティビスト・若者、それぞれのメッセージとともに記録した。





第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510807.jpg『ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに』ドキュメンタリー/82 / カラー/アメリカ/2019監督・プロデューサー:スーザン・ストリックラー

 13 歳での広島の被爆体験と核兵器の廃絶を、世界に訴え掛け続けるカナダ在住のサーロー節子。

「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞授賞スピーチが、大きな感動を呼んだ彼女を、4 年に渡り密着取材する。平和活動の通訳で節子と出会ったニューヨーク在住の竹内 道が、プロデュースとナレーションを担当。被爆 2世である自身を見つめ直す道の姿も描き出す。核兵器禁止条約発効の原動力ともなった、サーロー節子の言葉の迫力と説得力が、反核平和への行動を喚起する。13 歳での広島の被爆体験と核兵器の廃絶を、世界に訴え掛け続けるカナダ在住のサーロー節子。

 ●トーク:竹内 道 ( プロヂューサー ) ※アメリカからリモート出演




第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510896.jpgプログラム② 13:3016:00

『福島の息子 (原題/Son of Fukushima)』ドキュメンタリー/55 /カラー/アメリカ/2020

脚本・監督 :BETH BALAWICK & amp; BETH MURPHY

福島農家の長男に生まれた大内秀一(ヒデカツ)は、原発事故後、土地を追われて子や孫と別れ認知症の進む母と仮設住宅暮らし。慣れないドライバーのバイトをしながら、介護施設で暮らす老父を見舞い、汚染された故郷を訪問しては、長男として先祖代々の土地と除染作業の進捗を見守る日々。故郷は帰還可能地域と指定はされたが、フレコンバックの積み上げられた土地に孫子を呼び寄せるわけにもいかない。原発事故がもたらした様々な障壁の中で生きる大内の姿を通して、原発事故が奪ったかけがえのない絆や日常が浮かび上がる。

 ●トーク:「生業を返せ、地域を返せ」丹治杉江( 福島原発訴訟原告 )

大内 秀一 (「福島の息子」登場者)


第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510774.jpgプログラム③ 17:0019:30

『夏少女』劇映画 /90 /カラー/日本/1996

監督:森川 時久 脚本:早坂 嶢 製作:内野谷 典昭 鍋島 惇 

 「夢千代日記」の早坂暁が、自身の原爆体験をふまえて執筆した脚本。桃井かおり、間寛平が演じ、『若者たち』の森川時久が監督。広島の過去と現在をつなぐかのように出現した少女を軸に展開するファンタジー。1996 年に完成しながら、さまざまな事情から公開は 2019 年に。瀬戸内海に浮かぶ人口 3000 人の島に暮らす 12 歳の少年マモル。マモルの母は郵便船の船長を務め、父は雑貨屋を営んでいるが、それぞれが戦争の傷跡を抱え込んでいた。マモルの前に、美しい少女が姿を現す。

●トーク:鍋島  惇 ( プロデューサー ) 平沢 清一 ( 映画ジャーナリスト)



919日(日)8号館5階8503教室(事情により1号館シアター教室1002に変更されました。)

第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510832.jpgプログラム④ 10:0012:30

『美しいひと』ドキュメンタリー / 116/カラー/日本/2013

監督・撮影:東 志津 プロデューサー:野口 香織

1945 8 月。広島と長崎に投下されたふたつの原子爆弾から生きのびた被爆者たちとの対話を通し、戦争や人間に迫った作品。長崎で被爆した日本人女性の他、韓国人被爆者たちや、長崎の捕虜収容所に捕えられていたオランダ人元兵士らにカメラを向け、現在の彼らの姿をありのままに映しだす。原爆投下から 68 年(制作当時)が経ち、いまや晩年を迎えた彼らが、当時どのような体験をしたのか、そしてその後の長い人生をどのように生きぬいてきたのかを語る。

 ●トーク:東 志津(映画監督)


第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510840.jpgプログラム⑤ 14:0016:00

『千羽づる』原爆の子の像建立30 周年記念作品/劇映画 / 96 /カラー /日本/1989

監督:神山征二郎  製作:神山プロダクション 共同映画全国系列会議

木村荘十二監督の『千羽鶴』から 30 年、 禎子と原爆の子の物語は、神山監督によってふたたび映画化された。木村監督作品は禎子の闘病生活と、学友たちによる原爆の子の像建立のエピソードが中心であった。神山監督作品は、禎子に対する家族の愛情を中心に、人間の尊厳に光をあてた作品となっている。倍賞千恵子、前田吟、広瀬珠実を軸に、脇役を安藤一夫、石野真子、岩崎ひろみ、殿山泰司らがかためている。

トーク:神山征二郎(映画監督)


第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510734.jpgプログラム⑥ 17:0019:00

『我が友・原子力 放射能の世紀 原題 NOTRE AMI Lʼ ATOME(Our Friend The Atom)

ドキュメンタリー / / 57 /カラー /フランス/2020 年 

監督:渡辺 謙一   製作:ARTE France/KAMIProductions

原子力の平和利用がもたらしたものは何か?

放射線被ばくの実態を追う。東日本大震の支援活動「トモダチ作戦」に参加した米兵。ラジウムを蛍光塗料として産業化し、被ばくした工場のラジウムガール。ビキニ核実験の死の灰を浴びた漁船乗員。そしてチェルノブイリ、福島原発事故の被害者たち。

本作タイトルは、米国による平和利用キャンペーンの一環で 1957 年にディズニーが製作した映画(「Our Friend The Atom」)に由来。

●トーク:渡辺 謙一(映画監督)フランスからリモート出演



920日(月・祝)1号館1001シアター教室

第15回被爆者の声をうけつぐ映画祭2021を開催します。_f0160671_20510851.jpgプログラム⑦10:00~12:00

『ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者』ドキュメンタリー / 80 / カラー / 日本/2019

監督:稲塚 秀孝  語り:松崎 謙二 松浦 唯

 “二重被爆者 ” を追う稲塚監督の三作目。広島と長崎の両都市で被爆した山口彊に迫った記録『二重被爆』(2005 年)。その山口が長崎で「核はあってはならない」と世界に訴え続けて、2010 93 歳で生涯を終えるまでをとらえた『二重被爆~語り部・山口彊の遺言』(2011)。 そして本作品は、14 歳の夏に広島で被爆し、故郷長崎で二度被爆をした福井絹代(88 歳)他、長崎に住む数名の二重被爆者を追う。山口彊の“ 遺志 ”を受け継いだ娘、孫、ひ孫の 3 代に渡る “ 継承 ”を描く。

●トーク:稲塚秀孝(映画監督・プロデューサー)




プログラム⑧13:0017:00

核兵器禁止条約発効記念講演とシンポジウム

『核兵器は禁止された 2021.1.22Hiroshimaドキュメンタリー /日本/2 /2021

講演「核兵器禁止条約と被爆者運動」60

ゲスト:児玉三智子 日本被団協事務局次長

休憩 14:02~14:20 

シンポジウム~被爆者の声を引き継ぐために~ 14:2017:00180分)

司会:永田浩三(武蔵大学教授)

シンポジスト:児玉三智子(被爆者) 高橋悠太(慶大生) 徳田悠希(上智大生) 武蔵大永田ゼミ生(予定)


★映画祭への参加お申し込みは、メールが便利です。

 Email:eigasai@gmail.com Fax:03-6434-7040




# by eigasai2008 | 2021-07-21 20:59
第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020を
  10月11日(日)に開催します。
新型コロナ感染の広がりの中で、7月の開催は見送られました。
しかし、感染対策をしっかりと採れば開催可能なことが判り、映画祭実行委員会は、共催者である武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミと相談し、感染症対策をしっかり取りながら10月11日(日)に開催することにしました。

14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020

第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020_f0160671_20213533.jpg
第14回被爆者の声をうけつぐ映画祭2020_f0160671_20213972.jpg

料金:大人1,000円 学生・子ども500
完全予約制 必ず、プログラム毎にご予約をお願いします。
映画祭の前日までにご予約をお願いいたします。
当日券はありません。
予約した方でないと、入場できません。


予約申し込み先 Email:eigasai@gmail.com

▶予約された方は、料金のお振込みをお願いいたします。 

振込先 みずほ銀行練馬富士見台支店

(普通)1232039 口座名 被爆者の声をうけつぐ映画祭

※事情によりお振込みが出来なかった方は、映画祭当日に受付でお支払いください。


映画祭の後援:日本原水爆被害者団体協議会

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会 練馬・文化の会

主催:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会 武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ

問合せ先:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会

107-0062 東京都港区南青山4丁目1821号 南青山スカイハイツ504号 共同映画社内

TEL:03-6434-9346(共同映画)・ 090-9855-1135(アリハラ)

フェイスブック https://www.facebook.com/hibakueiga/


# by eigasai2008 | 2020-09-16 20:53 | 映画祭2020について
第16回被爆者の声をうけつぐ映画祭2022
2020年10月8(土) 9日(日)
会場 武蔵大学江古田キャンパス

武蔵大学江古田キャンパス8号館8階 武蔵大学50周年記念ホール
会場の詳細は、武蔵大学のホームページで
(西武池袋線 江古田駅から徒歩6分、地下鉄大江戸線 新江古田駅から徒歩7分、
有楽町線 新桜台駅から徒歩5分、有楽町線・西武池袋線 桜台駅から徒歩9分)
会場へのアクセスについて_f0160671_18504642.jpg

# by eigasai2008 | 2020-09-16 20:40 | 会場へのアクセス

映画祭2022年はコロナ感染対策上
予約の方優先でご入場をお願いいたします。

予約が定員(200席)になった場合、当日ご来場にの方は入場できません。

予約は、必ずプログラム毎にお願いします。

予約お申し込みは
E-Mail: eigasai★gmail.com
*上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。
予約に際しては、ご希望のプログラム、お名前、ご住所、連絡先(☎)を必ずお知らせください。
同行者の方のお名前やご住所も必ずお知らせ願います。


# by eigasai2008 | 2020-09-16 20:00 | チケットの購入方法
被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会の報告
2019年12月22日13時~16:30
渋谷区にある共同映画での映画祭実行委員会には、6名が参加しました。

ドキュメンタリー映画『シスターと神父と爆弾』(106分)を試写して、
 鑑賞後に映画祭プログラムの構想と次回実行委員会について話し合いました。

★『シスターと神父と爆弾』 は、米国で核兵器廃絶のために行動する80歳を超えるシスターと神父たちが、2012年7月に核兵器用ウラン貯蔵庫に忍び込んで逮捕されるも核兵器管理のずさんさを暴露して米国中を震撼させたという事件の詳細を描いた作品でした。米国におけるユニークな平和活動と宗教(カソリック)、議会、裁判などを知る上でもとても貴重な作品でした。

作品データ
 タイトル : The Nuns, The Priests, and The Bombs シスターと神父と爆弾 
 脚本・制作・監督: ヘレン・ヤング 製作 ロジャー・シュルツ 編集:ロジャー・シュルツ,  シルビア・ワリガ,
 日本語字幕:スティーブン・リーパー(Peace Culture Village)澤田美和子(Peace Culture Villagei-pa)
 製作:米国 2019年 106分

★2020年7月開催予定の映画祭については、次の作品などが候補作品になっています。

劇映画『ひろしま』 『千羽鶴』

アニメーション『つるにのって』 

ドキュメンタリー『日本と再生』  『シスターと神父と爆弾

今後の試写候補作品としては、次の作品があります。

劇映画『夏少女』、『世界大戦争』、ドキュメンタリー 『美しいひと』など。


2019年最後の実行委員会は、以上について話し合った後に、希望者で場所を移して‟望年会”をしました。


★次回実行委員会は、1月18日(土)15時より共同映画社

  実行委員会にはどなたでも参加できます。

 ご希望の方は、事前に eigasai@gmail.com  までお申込み下さい。



# by eigasai2008 | 2019-12-25 10:25 | 映画祭2020について