人気ブログランキング |

映画・映像を通して被爆体験の継承を目的とした映画祭の紹介


by 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)

7月15 日(土)  会場:武蔵大学江古田キャンパス 1号館地下 1002シアター教室

プログラム① 10:00~
「広島長崎における原子爆弾の影響 長崎編」
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)_f0160671_15231083.jpg


ドキュメンタリー/モノクロ/1946 年/84 分
監修:G H Q
製作:米国戦略爆撃調査団
(実際の製作は日本映画社)
日本映画社が企画し、文部省学術調査団長仁科芳雄博士の指導の下に、長崎は9 月24 日より撮影開始。11 月にGHQ による撮影中止命令、撮影したフィルムを米軍が没収。来日した米戦略爆弾調査団に、日映スタッフが作品にまとめることを提案し、受け入れられる。それによって長崎未撮影部分の撮影が可能となり、被爆の生々しい惨状が今に伝わる。
完全版で上映。


「広島原爆 魂の撮影メモ ~映画カメラマン 鈴木喜代治の記した広島」
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)_f0160671_15244353.jpg


ドキュメンタリー/ カラー/ 2016 年/29 分
製作・監督:能勢 広
1945 年、日本映画社スタッフとして、被爆直後の広島の惨状を撮影した、カメラマン鈴木喜代治は撮影メモを書き残していた。そこにはカメラワークを含む精細なスケッチが含まれていた。そのメモを鈴木の孫である能勢監督が、被爆後の記録や現在の広島の映像と重ね組み合わせて、静かなピアノ演奏にのせて紹介した短編。


プログラム② 13:00~
「人間であるために」
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)_f0160671_15255388.jpg


劇映画/ モノクロ/1974 年/100 分
監督:高木 一 臣
製作:新映画協会
東京原爆裁判を題材に、実在の弁護士を名優 伊藤雄之助と中野誠也が演じた作品。俳優座の役者たちが脇を固める。岡本弁護士は、被爆者とともに原爆投下の国際法違反と損害賠償を求め、政府を訴える。放置された被爆者たちの苦悩をよそに訴訟は敗訴となるが、“原爆投下は国際法に違反”との判決を得た。しかし人々の無関心は変わらない。無数の人々が行き交う交差点で、岡本は「水爆が落ちるぞ!」と叫び歩く。


プログラム③ 16:00~
「不毛の地」
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)_f0160671_15263113.jpg


ドキュメンタリー/ カラー/2012 年/ ロシア/34 分
監督:ゲンナジ・シャバリン
製作:オレグ・ボドロフ
ロシアのウラル地方にあるマヤーク核コンビナートは、原発や原子力潜水艦などの使用済み核燃料の再処理を行う。そこから出される放射性廃棄物は、長年にわたって近隣の湖や河川に垂れ流されてきた。流域の汚染は桁外れ。住民の健康被害は目を覆うほどである。被害住民が苦悩の果てに、ソ連時代から極秘にされてきた核施設のずさんな管理実態を告発する衝撃の作品。


「ハンヒキヴィ・ワン」
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)_f0160671_15265187.jpg


ドキュメンタリー/ カラー/2014 年/ ロシア/29 分
監督:ゲンナジ・シャバリン
製作:オレグ・ボドロフ
フィンランドのハンヒキヴィ半島に、ロシアが投資する原発ハンヒキヴィ・ワン計画が浮上する。建設予定地域に家族と住むハンナは、反対運動に立ち上がる。しかし政府と議会は建設を推進。建設予定の原発の核燃料は、ロシアのマヤーク核コンビナートで再処理されたもので、ウラル地方の汚染被害はさらに拡大するという。その実態を告発する環境保護団体のナターシャは国外追放となる。


プログラム④ 18:30~
「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」上映作品紹介(7月15日上映作品)_f0160671_15271471.jpg


ドキュメンタリー/ カラー/2016 年/95 分
監督・撮影:古居 みずえ
編集:土屋 トカチ
製作:映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会
福島第一原発事故により、飯舘村の人たちは全村避難となった。菅野榮子さん、菅野芳子さんという二人の女性を中心に避難所での生活を追う。避難所でも畑を借り、農作物や植木を育て、お互いに冗談を言い合いながら、たくましく生き抜いている母ちゃんたち。その奥底には失われた故郷への思いが・・・。5 年の歳月をかけてじっくりと撮影し続け、力強く生きる女性たちの姿をとらえた。
# by eigasai2008 | 2017-05-09 15:21 | 映画祭2017について
2017年度被爆者の声をうけつぐ映画祭
7月15日(土)16日(日)に、武蔵大学江古田キャンパスで開催!
被爆者の声をうけつぐ映画祭2017 7月15日(土)16日(日)開催に!_f0160671_22055461.jpg

本映画祭ならではの充実のプログラム
被爆者の声をうけつぐ映画祭2017 7月15日(土)16日(日)開催に!_f0160671_22203668.jpg


# by eigasai2008 | 2017-04-26 23:03 | 映画祭2017について
被爆者の声をうけつぐ映画祭2016へのご協力、ありがとうございました。
三日間で670名の方々にご参加いただきました。
たくさんの感想アンケートを頂きましたので、ご紹介いたします。
プログラムごとに「参加者の感想」をクリックすると、アンケートのページにリンクしています。

7月16日(土)
 プログラム① 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_11565615.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_11572236.jpg


 プログラム② 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_11581244.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_11583540.jpg


 プログラム③ 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1159042.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1244890.jpg


7月17日(日)
 プログラム④ 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_128057.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1282338.jpg


 プログラム⑤ 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1285473.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1293987.jpg



 プログラム⑥ 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_12101387.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_12103322.jpg



7月18日(月・祝) 
 プログラム⑦ 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_12112320.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_12115591.jpg


 プログラム⑧ 参加者の感想
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1213148.jpg

映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_12143030.jpg




 プログラム⑨
「くり返される核被害と被爆者の願い」シンポジウム参加者の感想

コーディネータ 永田浩三 武蔵大学社会学部教授 表現の不自由展共同代表
シンポジスト   田崎豊子 おりづるの子の会
           林田光弘 明治学院大学国際学専攻博士課程前期1年生
           吉岡実紀 東京高校生平和ゼミナール 
 
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_1135563.jpg


エンディングは、中島清香さん(メゾソプラノ)の唄で和やかに閉じました。
映画祭2016の感想アンケート集_f0160671_11413788.jpg
アンケートへのご協力、ありがとうございました。
映画祭実行委員会は、みなさまのご意見を力に、次回開催へ向けて全力を尽くしたいと思います。



 
# by eigasai2008 | 2016-07-26 13:33 | 映画祭2016について
被爆者の声をうけつぐ映画祭2016開催が7月14日朝日新聞東京版に掲載されましたので、皆様にご案内いたします。
朝日新聞(7月14日朝刊)映画祭の案内_f0160671_10591821.jpg
見出しのタイトルは、<ヒバク「映像で継承」 練馬、16日から映画祭>です。記事のご紹介をここにお許し頂ければ幸です。「原爆や放射線による被害などを描いた作品8本を集めた「被爆者の声を受け継ぐ映画祭が16~18日、練馬区である。被爆体験を映像で継承しようと、被爆者の支援者や映画関係者らでつくる実行委員会などが開き、今年で10回目になる。上映されるのは、原爆投下直後の広島の惨状を記録した「広島長崎における原子爆弾の影響 広島編」や、核兵器廃絶を訴えて東京から広島まで行進する人々を追った「一歩でも二歩でも」、児童養護施設で暮らす戦争孤児たちを描いた「青葉学園物語」など。18日の上映後は被爆者を親に持つ人や大学生らが語るシンポジウムもある。「一歩でも二歩でも」の監督の有原誠治さん(68)は「被爆者の記憶は遠ざかっている。映画によって、原爆がどれだけ恐ろしいものであるか、被爆者がどんな苦悩を背負わされたかを伝えたい」と話す。会場は練馬区豊玉上一丁目の武蔵大学1号館地下1002シアター教室。当日券は大人1200円。学生・こども700円。問い合わせは共同映画(03・ 5466・ 2311)」(山田知英様の記事を引用)。              (T.N)
# by eigasai2008 | 2016-07-14 11:00 | 映画祭2016について
 7月16日(土)~18日(月・祝)の三日間、武蔵大学江古田キャンパス1号館地下1002シアター教室

プログラムの案内 1p(画像ファイル)
画像ファイルはすべて、クリックするとダウンロードページとリンクしています。
被爆者の声をうけつぐ映画祭2016開催とプログラム決定!_f0160671_15174723.jpg

プログラムのテキストデータ
7月16日(土)
オープニング 09:50-10:05 
トランペット演奏:松平晃(トランぺッター)
主催者あいさつ
プログラム1)10:05-12:40 
『ヒロシマの証人』劇映画(110分)
トーク:「被爆者がめざすもの」 田中煕巳(日本被団協事務局長)
プログラム2)14:00-16:30 
『はだしのゲン (第一部)』劇映画(107分)
トーク: 「被曝者と平和憲法」 沢田昭二 (被爆者・物理学者)
プログラム3)18:30-20:45
『広島長崎における原子爆弾の影響 広島編』ドキュメンタリー(81分)
トーク: 「原爆と表現」  永田浩三(武蔵大学社会学部教授)

7月17日(日)
プログラム4) 10:00-12:30
  『青葉学園物語』劇映画(100分)
トーク: 「原爆と孤児たち」  清水信雄(神奈川県原爆被災協)
プログラム5) 14:00-16:45 
『さくら隊散る』劇映画(112分)
トーク: 「新劇人と反核平和」 山崎勢津子(俳優・朗読家)
プログラム6) 18:30-20:50
『放射線を浴びたX年後 2』ドキュメンタリー(86分)
トーク: 「父の死因を探って」 川口美砂(作品登場者)

7月18日(月・祝)
プログラム7) 10:00-12:30 
『ニュークリア・サベージ』ドキュメンタリー(87分)
トーク:  「マーシャルにおける核被害」 竹峰誠一郎(明星大学人文学部教員)
プログラム8) 14:00-16:00 
『一歩でも二歩でも』ドキュメンタリー(54分)
ビデオメッセージ: 山口逸郎(プロデューサ―)
トーク: 「平和行進を追って」有原誠治(監督)
プログラム9) 18:00-20:30 
『くり返される核被害と被爆者の願い』シンポジウム(150分)
基調講演と司会: 永田浩三(武蔵大学社会学部教授)
シンポジスト: 高校生、大学生、被爆二世ほか
エンディング 20:30-20:45
歌唱: 中島清香(声楽家)

チケット料金について
大人・前売 1,000円 (当日 1,200円)
学生・前売  500円(当日 700円) 
3日間フリーパス券 5,000円
★入場は、一プログラムごとの入れ替え制となります。

会場について
会場:武蔵大学 江古田キャンパス 1号館地下1002シアター教室
(右のカテゴリ「会場へのアクセス」から地図をご参照ください。)

連絡先
 03-5466-2311 (共同映画)
 090-1793-6627 (金子)
 E-Mail: eigasai★gmail.com
 *上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。

●チラシ折リこみを希望される団体、個人の方へ
映画祭当日に配布するチラシ、アンケートなどの折り込み作業は7月12日(火)午後6時より、練馬区の集会所にて行ないます。
チラシ折り込みを希望される団体、個人の方は、7月12日にチラシを持参して折り込み作業にご参加ください。もし7月12日午後6時からの折り込み作業に参加できない場合は、原則としてはチラシ折り込みはお断りしています。(映画祭当日の持ち込み、配布は原則としてお断りします。)
チラシ折り込みを希望される団体、個人の方は、ご連絡いただければ7月12日午後6時からの折り込み作業の会場をお伝えしますので、ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。


プログラムの案内 2p (料金と地図つき画像ファイル)
被爆者の声をうけつぐ映画祭2016開催とプログラム決定!_f0160671_1542229.jpg

プログラムの案内1p&4p (見開き画像ファイル)
被爆者の声をうけつぐ映画祭2016開催とプログラム決定!_f0160671_14525145.jpg


プログラム作品紹介2p&3p(画像ファイル)
被爆者の声をうけつぐ映画祭2016開催とプログラム決定!_f0160671_14534490.jpg


★プログラムのPDFは、こちらから入手できます★
 PDF原稿はB4サイズ、ふたつ折りでB5サイズになります。
 プログラム1p&4p(見開き)
 プログラム3p&4p(見開き)
# by eigasai2008 | 2016-05-13 14:28 | 映画祭2016について